クスノキのエッセンシャルオイルが人気

久しぶりのマダガスカル。ムラマンガという地方の町である苗畑を訪ねました。個人で運営されているこの苗畑には、クスノキがある、と聞いたからです。

苗畑のクスノキ

最近村の人たちが「クスノキを植えたい」とよく言います。理由は、クスノキがエッセンシャルオイルの原料になり、高く売れる可能性があるから。

クスノキはもちろんマダガスカル原産ではなく、日本や中国にある木ですから、マダガスカルでは植栽された限られた数の木しかありません。ですから、村人に紹介しようにも種や苗木が簡単には手に入らないのです。

この苗畑のオーナーは、自分でクスノキの種を取ってきてクスノキの苗木を生産していますが、他に譲るだけの種の量は確保できないとのこと。苗木なら売ってくれるそうですが、それが彼の商売ですから、まあ当然ですね。

でもかねてからの疑問を尋ねてみました。
「いったい農民はどうやってクスノキを売るんですか?」

明確な回答は返ってきません。どうやら彼も、誰がどのようにクスノキを買ってくれるのかは知らない様子。つまり、「売れる」という情報が先行していて住民が興味を持っているけど、具体的な取引はまだこの地方では行われていない、というところなのでしょう。

マダガスカルの首都、アンタナナリボまで行けば買ってくれるところがあるのかもしれませんが、もう少し調べてみる必要がありそうです。

僕らの対象地域では、かつてJICAの協力が行われていた頃に「ジャトロファが良い」と日本人が言っていたそうで、「木を植えればジャトロファの種を買ってくれると日本人が言っていたが、お前たちがそうか?」と聞かれたことがあります。

“クスノキのエッセンシャルオイルが人気” への 1 件のフィードバック

コメントは受け付けていません。